サウナの上手な入り方ルール

 サウナ入浴の前に忘れてならない三つのことがあります。
1.大小3枚のタオルを用意しましょう。
2.約2時間の時間が必要です。
3.鏡を見て、明るい笑顔を確かめましょう。サウナの入浴効果をあげるには、リラックスして楽しく入ることが大切です。

 それでは順を追って、上手なサウナ入浴法を考えてみましょう。

1.シャワーを頭から浴び、全身をよく洗って、そのあとよく拭いてからサウナ室へ入ります。

2.サウナに入ったら身体も心もリラックスして、座るか横になります。慣れていない人は、はじめは低い場所で、次第に高く位置をかえるとよいでしょう。サウナ室内は低いところで摂氏70〜80℃、高いところでは90℃くらいになります。腰かけている場合だと、足元は約70℃、腰のあたりは80℃、顔のところは90℃くらいになります。

3.営業用サウナではサウナマイスターがストーブに積まれた石にヒシャクで水を掛けロウリュを楽しませてくれるところもあります。

4.一般に入浴時間は、8分から12分程度が最適ですが、初心者や健康に自信がない人は、少し短くして、自分に合った入り方をしましょう。

5.サウナを出たら、足に水をかける、シャワーを浴びる、水風呂に入る、もしプールがあれば泳ぐのもよいでしょう。積極的な健康刺激を加えます。

6.落汗が目的なら長時間浴か、普通の風呂に入って身体を温めてからサウナへ入ると効果的です。疲れたときは低い温度で長時間のサウナ浴が有効です。やせたいなら、くり返しサウナ浴をします。サウナに入り、汗が出たら外に出て、汗がひいたらまたサウナに入る、これを3〜4回くり返して汗をたくさん出すのがコツです。

7.終わりにシャワーか水風呂で身体の熱をとります。汗をよく流し、全身をよく拭きます。マッサージにかかってもよいでしょう。  水分を補給し湯ざめしないようにタオルをかけて横になり、30分くらい安静にして休養します。

100℃のサウナでなぜやけどをしないのか

 人のからだは100℃の湯に入ったら瞬間に大やけどをします。にもかかわらず、サウナは100℃という高温なのに、なぜやけどをしないのだろうと不思議に思うでしょう。サウナではやけどどころか、むしろ快適と感じるのです。水と空気では身体への熱の伝わり方が大きく異なります。この違いがやけどをするかどうかの違いです。

●空気と水の熱の伝わる速さの違い

 例えば、室温28℃を示しているアルコール温度計を浴槽に入れると瞬間的に湯温 の40℃に達する時間が0.5秒としましょう。同じ条件でサウナ(40℃の室温に入れる)に入れて計った場合は約300秒かかります。これは水の場合の熱の伝わり方が空気の場合の約600倍であるといえます。

-3-